破産と心の葛藤【受任通知・発送後】

今から思えばこの頃は、債権者の債権についての確認作業など慢性的に徹夜作業が続き、心身ともにピークに不安定だったかもしれません。

代理人弁護士からの電話の着信音が鳴り響くだけで、ビクッとするほどでしたので、身を潜めて作業に没頭していました。

受任通知発送後2日目の心の葛藤『不安と恐怖に支配され、ビクビクして過ごしています』

受任通知発送後3日目『自己破産の申立をすることになり、諸行無常を実感しながら、はじめての週末を迎えます』

受任通知発送後4日目『驚きました!債権者になるお客さまが会社の前で待ち伏せ?!』

受任通知発送後5日目『主人の叔父が他界!お通夜もお葬式も参列できず・・・。』、弁護士事務所へ『相続について』と『破産手続きの打合せ』

【受任通知発送後6日目】自己破産申立の準備と同時にリセットライフの環境づくり

受任通知発送後、初外出!『仕事仲間とこれからについて打合せ』と『母の相続について実家へ』

受任通知発送後8日目!「恥ずかしい!」「お金がない!」「迷惑」の暴言に「もうどうでもいい!」と感じた1日

受任通知発送後9日目『店舗貸し主×代理人弁護士の初対面!』『これからの生活について!夫婦で話し合いました』

受任通知発送後10日目『ココのリセットライフ【破産のここが知りたかった】ブログを開設しました!』

受任通知発送後2~3週間目の生活『廃業の選択で変わるその後』

ひきつづき⇒破産と心の葛藤【破産手続開始決定後】記事一覧