【破産者マップ‐官報に掲載された破産者を地図上に可視化しました】これには驚きショックを受けました!

 

破産者マップって何?

 

最近では、GoogleMapをつかった「役に立つサイト」がいろいろあります。

 

ところが、この「破産者マップ」はいったい誰が、何のために「官報に掲載された破産者を地図上に可視化しました」なのか?

 

マップ上には全国の自己破産者の個人情報となる氏名と住所がマッピングされており、検索までできるようになっていました。(現在も閲覧可能・・・。)

 

このサイトを拝見したとき、自己破産経験者のわたしは驚きとショックを受けました。

 

「サイトで検索されたキーワード」「直近1時間で検索された氏名」ほか、「過去10年分の破産者の氏名・住所が地図上にマッピング」されていました。

 

また、サイト運営者によるコメントを確認し、わたしは自分を検索しなかったのですが、とても理解できない、意味も目的も不明なものでした。

 

ただ、愉快になりたいだけなのか?あまりにも不愉快でしたので、スクリーンショットで残しました。抜粋してご紹介します。

 

「直近1時間で検索された人名を拾い上げてみました。

そして、破産者と関係があるのか調べてみました。

すると5人とも、過去に破産宣告をされているようでした。

当サイトの使われ方として、破産しているか分からない方を調べるというよりは、すでに破産された方が分かっており、確認をする意味で使われているのかもしれません。

もしかしたら、破産した当のご本人が検索しているかもしれません」

 

 

自己破産者のプライバシー侵害や名誉毀損にならないのか?

 

わたし自身、成りたくて破産者になったわけでなく、避けれるものならば避けたいと思っても、避けられない事情で破産しました。

 

会社倒産・自己破産手続きを準備している頃は、まるで犯罪者のような気分になったこともありました。

 

そのたびに代理人弁護士が、犯罪者ではないと説明してくれ、破壊寸前だった心身のバランスをかろうじて保っていたような状況でした。

 

「破産者マップ」のサイト運営者は、よほど破産者に対する憎しみがあるのか?それとも、愉快なだけなのか?その意図はわかりません。

 

ただ、破産者は犯罪者ではなく、ご迷惑をかける債権者にたいして、法的な手続きで債務を清算しています。

 

破産者は、借金の支払義務は消滅しますが、引きかえに、破産者の所有する財産のほか、信用・破産後の収入など失うものも大きく、ストレスは膨れあがっています。

 

再起できている人であれば、笑い飛ばすパワーを備えているでしょう。

 

破産後の生活が現在進行形で、路頭に迷われている状態であれば、この「破産者マップ」の存在は、〝いじめ問題の末路〟を招くではないか?と心配です。

 

削除を望まれる方は、必要事項を入力して送信するような案内分が掲載されていましたが、アクセスが集中しダウンを繰り返していたみたいです。

 

この削除依頼について、過去10年間の新たな破産者の個人情報を獲得することとなる「破産者マップ」のサイト運営者の目的が、この破産者の個人情報なのか?それとも、なにかを請求するためのものなか?考えてしまいます。

 

破産者も人です。

 

人生を再出発するための破産手続きも、このような「破産者マップ」なるものが出回ることで、一生、再起不能になる人もいるなどのモラルを感じなのいだろうなぁ~。

 

必死で新たな人生を歩むひとりとして、【破産者マップ‐官報に掲載された破産者を地図上に可視化しました】これにはあまりにも、驚きとショックを通り越して、腹立たしい気持ちがこみ上げています。

 


会社の倒産・自己破産とストレスの関係について、特定されるのを避けるため本業は伏せていますが、カラダに関連する仕事に従事していますので、今回の「破産者マップの脅威」に心とカラダのバランスを崩されている方も多いのでは思い記事にしました。


破産者マップに関する集団訴訟が立ち上がっています!

詳しくはこちらを↓↓↓


懸念していましたが、どうやら閉鎖したようですね・・・。

詳しくはこちら↓↓↓


会社倒産・自己破産を経験し、破産手続きについて、そして、倒産後の社長について、個人の経験談もとにまとめています。債権者にご迷惑をかけましたが、人生のリセット中です。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です