【破産のここが知りたかった】

会社自己破産・個人自己破産を経験しましたが、自己破産というのは「破産法」という法的なルールが定められています。

会社破産の目的は、破産者が所有する不動産や貯蓄などの財産を換価し、債権者に適性・公平・平等に分配し、会社の資産も負債も消滅させて、会社そのものを消滅させることです。

中小企業・零細企業・小規模事業者は、会社の債務に対して連帯保証人となっていることが多いと思いますが、その場合は同時に個人も破産手続きを申立るとことになります。

手続きがはじまり、終了するまでの半年ほどの期間、さまざまな問題や課題がありました。

そのさまざまな問題を代理人弁護士・破産管財人弁護士・社会保険労務士が処理してくれました。その経験をベースに自己破産の流れ・諸問題を解説しています。

債務整理(自己破産)を相談するタイミングはいつ?『債務超過の原因と破産することになった経緯』

自己破産手続き中の収入はどうする?

法人(会社)破産・個人破産の手続きを開始すると、愛犬(ペット)は手放さなければいけないの?

法人破産・個人破産経験者「債務超過でも資金調達した方法」

倒産の前兆!タイミングを逃すと借金地獄に!

人手不足倒産「人手不足が深刻化した原因」

人手不足倒産を回避できず「破産するしかない」状況に!

“人手不足倒産”人手不足と無縁の労働条件が良い企業に人材は集まる

債権者じゃない人がSNSに受任通知を入手し投稿 その対応について

【受任通知発送後6日目】銀行で口座開設したらVISAデビッドつきキャッシュカードが作れた話です

会社破産・個人破産 借金地獄から解放されたい人に伝えたいこと

会社が倒産、社長個人の自己破産が避けられなかった理由

会社が社会保険料(健康保険・厚生年金)を滞納したまま倒産したら、未納分は従業員が負担しなければいけない?

会社の自己破産をしたくても「税金や社会保険料の差し押さえ」でお金がなかったらどうしたいいの?