人生はケ・セラ・セラ

はじめましてココです。

詳しいプロフィールは「今」のココはたくさんの方にご迷惑をお掛けしている状況なので書けません。ごめんさい。

 

そんなココがこのブログを開設した理由は2つあります。

 

①ココと同じように苦しみを抱えている人、悩んでいる人に、手続きや費用や法律的なことではく、心境や実体験の解決法など、自分自身の経験から「破産のここが知りたかった」ことを書き綴ることで、リセットライフのお役に立てていただきたいから。

 

②ココは現在、収入がありません。主人が全財産投げ出して現状をサポートしてくれいています。これ以上、家族に迷惑を掛けたくないので、今まで事業PRでブログを毎日4本書いてきた習慣を、これからはココの家族のために稼げるブログ収入にチャレンジしようと思ったからです。

 

実業家としてバリバリ15年以上、ある業界でキャリアを積んだココは、莫大な債務を抱えながら『良心の呵責の道』と『借金地獄の道』、どちらを選んでも同じ苦しみならば、後者を選んで頑張っていました。

 

いろいろなことが重なり『万策尽き果て』ある日、その日が訪れました。

 

ココには選択の余地がありませんでした。

 

『差し押さえ!お金がない!もう限界!』

 

物理的にもう無理なものは無理という苦境にたたされ、幾多も幾多も大きな障害や壁を乗越え続けてきたココでしたが、決断は驚くほど早かったです。

 

もう、キャッシュがないのですから。。。

 

『このまま会社を維持することは、自分の心をだまし続け、結局は従業員・顧客・取引先に迷惑をかけ、詐欺行為になる』と感じてしまいました。」

 

自己啓発などでよく言われていることは、代表者の気持ちひとつで会社は存続できる!

 

確かにそうかもしれません。

 

ココ自身、直前に母との別れを経験し、子どもたちが後継者となる夢も破れ、悲しみの真っ只中に起きた「支払い不能から支払い停止状況」

 

「もう一度、頑張ろう!」

 

そんな心の熱い従業員の顔にすら、翳りが見え始め・・・。

 

「もう、諦めよう。」と、会社を手放すことを明らかにしました。

その途端、会社に活力は消えてしまいました。

(どよんした空気感、代表者の気持ち次第とはこのことだと感じた瞬間でした)

 

弁護士に相談することを決めたココは、1日も早く手続きを進めることが債権者の方へできる最後の誠意とおもいました。

 

あいにく清算することを決定した日が週末でしたので、まずは、まったく知識がなかった法人破産に必要な準備物、手続きの流れなど、サイトを調べまくりました。

 

そして迎えた月曜の朝「緊急性を要するので即日の対応」をお願いし、必要書類を持ち込み、弁護士事務所を訪問しココの代理人を引き受けていただくことが決まりました。

 

こんなココが書き綴るのは、法律的なことではなく、実際に体験している貴重な経験の数々を、そのときの挫折感・胸が痛むおもいの苦しみ・家族や従業員や取引先や顧客に対する心の葛藤などを主体に、経験に基づいた法律的な解決法を綴っていきます。

 

最後になりましたが、必ず、選択しなければいけない瞬間はきます。

それは終わりではなく、リセットライフのはじまりです。

人生はケ・セラ・セラ~ココのリセットライフ~